なぜ弁護士が必要?


それでは、B型肝炎の集団感染に対する給付金を受け取るために、なぜ弁護士にB型肝炎相談するのが効果的であるのかについて紹介します。国からの給付金なのであれば、それほど問題なく受け取る事ができそうに思われるかもしれませんが、この給付金の支給には幾つかのハードルが存在しており、そのハードルを越えるサポーターとして弁護士が有用です。

弁護士まずそんなハードルの一つとなっているのが、自分が集団感染によって感染したB型肝炎患者であることを証明するということです。B型肝炎であることは医療機関で簡単に証明することができますが、それが集団感染に起因しているものであることを証明するためにはいくつもの証拠を用意する必要があり、簡単なことではありません。その点が大きなハードルの一つとなっています。

国によって支給される給付金の金額は、病態に応じて50万円から3600万円というように設定されており、ここに大きな幅があることも弁護士を用意することによる大きな意味を持っています。十分な証拠を集め、自分の病態が重いものであり、それが集団感染から来ているものであることを証明して初めて、効果的な給付金として受け取ることができる制度となっています。